ご相談・お問い合わせはこちら

家づくりのこだわり

家は家族の心と体の帰るとても大切な場所。

そこに、予算、家族構成、生活形態、趣味、年齢…と様々な条件を織り込んで、おひとりおひとりに添ったプランで心地のいい空間をデザインすることが私たちの使命と考えます。朝起きて、夜寝るまで。繰り返される毎日。
「楽しく暮らすためには…」
「心地よく過ごしてもらうにはどんな空間が必要か…」
「このお家にどんな時間が流れたら素敵だろう…」
そんなことを考えて家づくりをご提案。

私たちは仕事への妥協はしない工務店です。安心と安全を考え素材選びと性能にもこだわります。どうぞハイランドの家づくりを知ってください。

オリジナルデザイン

飽きのこないデザイン オリジナルデザイン

 家を長く使い続けるために、デザインは最も重要な要素だとハイランドは考えます。家に愛情が湧くことにより、家を大事にし、長く住み続ける事ができるのです。
性能や機能はもちろん、家族が集い、毎日を過ごす場所だからこそ、デザインを大切に考えています。
ハイランドは、皆様に長く愛され、資産価値の下がらない、
LONG LIFE DESIGNをコンセプトに家づくりを行っています。

オリジナルデザイン

EXTERIOR外観 計算されたデザインだからこそ生まれるバランスと美しさ

ハイランドが得意とするデザイン

DESIGN 01 CLASSIC STYLE (クラシックスタイル)

クラシックスタイル

 古くから受け継がれている伝統ある洋風クラシックデザイン。
それは、流行に左右されない「本物」のデザイン。
明治時代から日本に根付き、今なお人気がある洋風クラシックデザインは、時代を超えた優れたデザインといえます。
ハイランドでは、洋風クラシックデザインを学び得意とする建築家が、コロニアルやスパニッシュ、クラフツマン等々、数あるクラシックスタイルの中からお客様のお好みにあわせたデザインをご提案します。

ハウススタイル
  • コロニアル様式
  • ジョージアン様式
  • チューダー様式
  • ゴシックリバイバル様式
  • クイーンアン様式
  • クラフツマン様式
  • プレイリー様式
コロニアル様式
コロニアル様式

 恒久住宅として組石造り(石造りやレンガ造り)をヨーロッパから米国にきても作る人が多かった。これは開口部を小さくし外敵から守る観点んからも優れていました。最良の住宅を作る為に同じ床面積であれば屋根、外壁を最小にして、規格化、標準化、単純化することが欧米の常識になってきました。コロニアル様式はこの原則によってデザインされた住宅とも言えます。

コロニアル様式
ジョージアン様式
ジョージアン様式

ジュージアン様式のデザインは左右対称(シンメトリー)で間柱が奇数で作られていることが特徴です。構造的に安定している窓として上下げ窓を使い、棟にパラペットを乗せたり、ルーフドーマウィンドウや玄関入口のペディメントの意匠に凝ったりで様々な工夫が凝らされています。

ジョージアン様式
チューダー様式
チューダー様式

チューダー様式はゴシック様式の発展形です。組積造かスタッコ仕上げ、ハーフティンバーを使ったデザインが良く知られています。急勾配の切り妻屋根、玄関は壁に囲われアーチのデザイン、縦長の窓が特徴です。ハーフティンバーのデザインはそれ自体が特徴的です。

チューダー様式
ゴシックリバイバル様式
ゴシックリバイバル様式

教会建築の大きな担い手になったゴシック様式の復興デザインがゴシックリバイバル様式です。ワンポイントアーチにより天に向けて高いアーチのデザインが特徴です。

ゴシックリバイバル様式
クイーンアン様式
クイーンアン様式

米国の19世紀後半最も人気のあったデザインがクイーンアン様式です。屋根伏図は教会建築のように十字を切り、そこに教会の鐘楼のような八角形の突出空間があり、住宅の周囲にはリビングポーチがめぐらされています。

クイーンアン様式
クラフツマン様式
クラフツマン様式

クラフツマン様式はアーツアンドクラフツ運動とバンガロウ住宅の結合で20世紀初頭にアメリカ西海岸で多く建てられた様式です。木や石の素材の美しさをデザインソースとして生かして、緩やかな勾配の切り妻屋根に全正面ポーチを配している簡素な形が多く、構造材が化粧に使われることも多いのが特徴です。

クラフツマン様式
プレイリー様式
プレイリー様式

プレイリー様式はフランク・ロイド・ライトによって開発されたデザインです。庇が大きく出て、水平線を強調するようにケースメントウィンドウが連続して並べられて外壁にも水平を強調するような帯が付います。窓台、バルコニー、テラスなども水平方向の線を強調するデザインです。

プレイリー様式

DESIGN 02 KENT STYLE (ケントスタイル)

ケントスタイル

 simple is best という考え。「シンプルでいて美しい」そんなデザインを表現したいとの思から生まれたのが「ケントスタイル」です。
堂々としていながらシャープな印象。見る人により、スタイリッシュにも、クールにも、キュートにも見えます。 近年流行のモダン・シンプルという中に、ハイランドらしいクラシックを取り入れたシンプルクラシック。 実際にご覧いただくと、その存在感を感じていただけると思います。

健康自然素材

「より心地よく快適な空間を」

 心地よく家で過ごしていただくために私たちは環境にも配慮した、健康でエコロジーな世界基準の自然素材を取り扱ってます。 自然素材の持っている風合いはハイランドの家を作る上でデザイン的にも欠かせません。デザインと自然素材の風合いが癒しの空間を作ってくれると考えます。 また実績がある自然素材を使うことで長く愛され耐用年数を伸ばしてくれるのです。

健康自然素材

安心安全性能

安心感のある家 安心安全性能

 家は快適にそして安心して長く住み続けもらわなければなりません。今や耐震は当たり前の性能。その他に、ハイランドでは「強い構造」、「気密断熱」、「セキュリティー」と安心と安全な暮らしのために必要な基本性能を決めています。

安心安全性能

安心の構造

 まずは地盤。必ず地耐力調査をして地盤補強が必要かどうか判断します。補強が必要と判断された場合は地盤の地耐力支持層の深さによって複数の杭工事から選択して行います。基礎はべた基礎標準です。当社の標準工法は枠組壁工法(2×4工法)です。枠組壁工法は耐震性が高く気密性・耐火性に優れている工法です。更にバランスのとれた間取り壁を配置することにより耐震性を高めることを心掛けて設計しています。

  • ベタ基礎 ベタ基礎:鉄筋コンクリートの面全体で家の荷重を受け止め、湿気や・シロアリの侵入も防ぎます
  • 躯体 躯体・構造:高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性を備えた2×4構造

気密断熱

 快適に暮らせるには気密断熱性能にかかっているといっても過言ではありません。当社は設立当時から気密断熱に力を入れてきました。 断熱は天井壁共、専門技術者による現場施工の硬質ウレタンフォーム断熱。更に屋根には遮熱材を標準工事に取り入れています。遮熱材は侵入熱量を30~50%小屋裏の温度を5~10℃下げる効果があります。一番の熱損失が大きい開口部には、樹脂サッシ+LOW-Eペアガラスを標準仕様しています。

  • 断熱材「アクアフォーム」 断熱材「アクアフォーム」は、一定の透湿抵抗により断熱材の内部結露も起こりにくく耐久性に優れた住まいを実現。室内温度差によるヒートショックも起こしにくく長期間にわたって快適な空間を維持することができます。
  • YKKap製品 Low-Eペアガラス太陽の日射熱を50%以上カット、夏は涼しく冬は暖房熱を逃がしません。冷暖房効率アップで節電。紫外線も大幅カットで、家具やカーペットの退色も抑えます。
  • 遮熱材 遮熱材で高い遮熱効果と除湿加工をされた遮熱材で気密断熱を守ります。

セキュリティー

 当社の1階窓ガラスは全て防犯ガラスが標準使用です。(2階はご希望で設定可能です。)

  • 防犯窓 防犯窓:一階部分は全て標準仕様
  • シャッター シャッター:防犯意識の高さを感じさせます。また、高級感とデザイン性もアップ
  • 格子 格子:格子で窓からの侵入をガード
お気軽にお問い合わせ下さい お気軽にお問い合わせ下さい