ご相談・お問い合わせはこちら

パッシブデザインとは

後悔しないための家づくりを

後悔する項目の1位と2位はダントツになっています。
1位の「収納、間取り」は、10年未満の家に住まわれる方の約7割の方が。2位の「寒い/暑い、風通しが悪い、暗い、結露」は、10年以内に新築をされた方でも、実に4割の方が不満を持って生活をしています。最近建てられた方でも、暑さ、寒さに対する不快感を抱いている方が多いことがわかります。
「寒い/暑い、風通しが悪い、暗い、結露」ということは、目に見えない部分で、一般の方には実際に住んでみないとわからない部分でもあります。またプロであれば一定レベルで実現してもらえると考えるのか、家づくりを進めていくときに話題になることも少ないようです。
この結果を踏まえ、後悔しない家づくりを考えていきませんか。

1年を通じて最小限のエネルギーで暮らせる家

「パッシブデザイン」とは設備機器を充実させるのではなく、躯体の形状設計に工夫を凝らし、さらに断熱・気密性を高めることで、光や風といった自然の力を最大限に活用して、住まいの快適性を高めた省エネデザインのことです。
それによって、1年を通じて、少ないエネルギーで心地よく暮らせる住まいとなり、そうした住まいが実現されれば、「寒い」「暑い」「風が通らない」「暗い」といったストレスから解放され、光熱費の負担も小さくなります。


パッシブデザインの5要素

  • 断熱・気密工事

    断熱・気密性を上げることで、一度暖めたり、冷やしたりした空気を家の外に逃がしにくくします。

  • 日射遮蔽・日射取得

    「夏涼しく」「冬暖かく」を実現するために、何より重要なのがこの日射遮蔽・取得です。 夏と冬の陽が入る角度を計算し、夏は遮蔽するように、冬は取得するように、庇や樹木などを利用します。

  • 自然風利用

    その地域の風向きを考え、ウインドキャッチャーなどで風を取り込みます。自然風利用のポイントは主に夏場前後。風を取り込んで、建物の中にたまった熱を排出し、同時に風の涼しさを感じられます。

  • 昼光利用

    昼間の光を灯として人工照明に頼らず、室内を明るくします。
    居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように。また吹き抜けや採光窓の採用など設計を考えます。

  • 日照熱利用暖房 (蓄熱利用・パッシブソーラー)

    冬場、昼間に多くの太陽熱を入れ、蓄えた熱を主に夜間に暖房として使う手法です。
    「集熱」「断熱」「蓄熱」、の3つのバランスを上手く整えると、暖房エネルギーの削減につながります。

ここで何より重要なのが、この5つの項目のバランスを考えることです。当然地域によってそれぞれの重要性や求められるレベルは変わってきますし、敷地条件によってもこれらのバランスは変わってきます(たとえば、南側に日射を遮る建物があれば、冬の日射取得は期待できません)。断熱性を高めるだけの家づくりは簡単ですが、高断熱にすると夏暑くなることを理解して、日射遮蔽や自然風利用をしっかり考えながら設計を進めていくのが本来のパッシブデザインなのです。


パッシブデザインにするメリット

  • 快適に暮らせる

    ・エアコンやファンヒーターなど冷暖房器具の使用が最小限
    ・「暑すぎる」「寒すぎる」のストレスが少ない
    ・エアコンが嫌いな人でも楽に過ごせる

  • 身体に優しく暮らせる

    ・寒暖の差が少なくなりヒートショックになりにくくなる
    ・女性特有の冷えが緩和され、美容と健康につながります。
    ・寒暖のストレスが減り、体調も安定しやすい。

  • 家計に優しく暮らせる

    ・光熱費の削減
    また、パッシブデザイン住宅は、設計したらおしまい。というわけでは
    ありません。住まい手の暮らし方に大きく左右されます。一緒に光熱費削減、CO2削減にも取り組みましょう!

  • 環境に優しく暮らせる

    ・電気・ガス・灯油等の家庭エネルギー削減でエコ
    ・CO2削減にもつながり、地球温暖化を抑制するのにもつながる



パッシブデザインにも様々なレベルがあります

一年を通じてそれぞれの気候、地域に合った住宅を考えていくのがパッシブデザインです。
日本と気候が大きく違うヨーロッパ型の家づくりをそのまま持ち込んでも上手くはいかないと思います。 また、日本の伝統的な住宅は軒が深く、窓が大きいことで風通しがよく、夏には優れているかもしれませんが、断熱性能が極めて不十分であり、冬がとても寒い住まいになってしまいます。



「断熱」「日射遮蔽」「自然風利用」「昼光利用」「日射熱利用暖房」の すべての項目が、バランスよくしっかり考えられたものなのです。

また、パッシブデザインが注目されることでウィンドキャッチャーや蓄熱土間を採用するところが増えてきましたが、そうした“パッシブデザインらしいもの”を取り付けても優れたパッシブデザインになるとは限りません。
勘に頼るのではなく、設計段階でしっかり温熱計算やシミュレーションを行うことで、パッシブデザインが目指す「快適・健康・省エネ・省光熱費」が実現できる確率が圧倒的に上がります。



ハイランドホームデザインでの取り組み

ハイランドホームデザインの具体的な目標数値

冬期 居室の最低室温15℃


人間は気温が18℃以下になると寒さを感じ始め、15℃を下回ってくると健康に異常をきたす可能性が出てくると言われています。
 ハイランドホームデザインでは、Q値を1.9W/m2K、UA値を0.5W/m2Kに設定し、最低室温(居室の朝6時)を15℃以上になるように計画をし、設計を行います。
 また、冬のヒートショックによる死亡者数は、交通事故による死亡者数の約3、4倍多いという事実をご存じでしょうか? これは、住宅における居室と非居室の温度差が原因とされています。そのため、居室と脱衣室等の非居室との許容温度差として5℃を目指しています。

夏期 冷房なしで居室の最高温度32℃


神戸の夏場の気温は30℃を超えます。比較的涼しいとされる北区でも、近年厳しい暑さとなっています。
 家の中に居ても熱中症にかかる例も多数あり、問題になっています。環境省が提案しているWBGT(湿球黒温度)を指標にした体感温度によれば、28℃を超えると厳重警戒すべきとあり、それを室温で計算すると32℃になるそうです。そのようなこともあり室温を32℃以下にすることを目標にしています。



お客様に提出させていただくもの

  • 平面図、立面図
  • 内観・外観イメージ図
  • 外皮計算書
  • 燃費表示
  • 光熱費シミュレーション
  • 室温シミュレーション
  • 日照シミュレーション
  • 見積書・資金計画書


よりご理解いただくために

ハイランドホームデザインでは、月1度程のペースで「家づくりセミナー」を開催しています。 パッシブデザインやゼロエネルギー住宅など省エネの家にご興味がある方、どういった家にすれば後悔しないのか、今これからの住宅事情などを学んでいただけます。

是非一度家づくりをお考えの方はご参加ください!!




お気軽にお問い合わせ下さい お気軽にお問い合わせ下さい