ご相談・お問い合わせはこちら

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)とは

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、日本政府が推し進めるエネルギー政策の一つです。

  ZEHの取り組みとは、創るエネルギー量が、使うエネルギー量よりも大きいか、もしくはおおむね同じ量になることを目指した住宅のことを言います。

  断熱性能を上げ、冷暖房器具などのエネルギー使用量を少なくし、高性能設備でもエネルギー使用量を抑え、太陽光発電などでエネルギーを作る。これで、年間のエネルギー使用量をプラスマイナスしてゼロ、もしくは、ゼロ以下にすることを目指すことを「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」として国からの支援が始まりました。
  ZEHについて
 

ハイランド ホーム デザインは、ZEHビルダー登録会社です。

これまでも気密性・断熱性に非常に優れた住宅を提供しておりますが、これからも継続していくと共に、2020年までにZEH(Nearly ZEHを含む)の受注の割合が50%以上になるように努めてまいります。
 

ZEHのメリット

  • 光熱費を抑えられる

    ほぼエネルギー収支はゼロに近いので、光熱費がかなり安くなります。
  • 健康に暮らせる

    高気密・高断熱の家なので、部屋の温度差が少なく、冬場のヒートショックなど起こしにくく、また温度差でのストレスも少なくて済みます。
  • 災害に強い

    自宅で発電ができるので、設備が損壊していなければ自宅で電気が使えます。
    また蓄電池がある場合は長期の停電などにも対応できます。
  • 資産価値が高い

    2020年には半数以上、また、2030年にはZEHを標準的な家にするという政府の指針があります。10年、20年先の基準に対応する家ですので、もし売却をすることになっても値崩れしにくくなります。
  • 地球環境に優しい

    当然、自家発電できて消費するエネルギーも少ないということであれば、地球環境にも優しいということになります。
  • 補助金が受け取れる

    2018年度は補助金が受け取れることが決定しています。設備や性能などのランクや条件、写真提出などの申請書類提出が必要です。
 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標と実績

今後の普及率目標(毎年度)
平成28年(2016年) 平成29年(2017年) 平成30年(2018年) 平成31年(2019年) 平成32年(2020年)
ZEH受託率 20% 25% 40% 50%
※弊社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したものです。

今までの実績(毎年度)
平成28年(2016年) 平成29年(2017年) 平成30年(2018年) 平成31年(2019年) 平成32年(2020年)
ZEH受託率 0% 8%
※弊社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したものです。
 

よりご理解いただくために

ハイランドホームデザインでは、月1度程のペースで「家づくりセミナー」を開催しています。
パッシブデザインやゼロエネルギー住宅など省エネの家にご興味がある方、どういった家にすれば後悔しないのか、今これからの住宅事情などを学んでいただけます。 是非一度家づくりをお考えの方はご参加ください!!  
 
お気軽にお問い合わせ下さい お気軽にお問い合わせ下さい