心に残る素敵な広告

2020年01月17日

僕は広告が好きでして、よく検索していたりするのですが、明治さんのこの広告が特に好きですね。

ストーリー形式で展開されていくボディコピーがいい感じです!(読んでちょっと泣きそうになりました 。笑)

この広告は2007年の2/14のバレンタインデーの新聞広告で掲載されていました。

また素敵な広告をご紹介して行きたいと思います!!

 

せっかくなので、下に原文を記載しておきます。

————————-

私は、「その人」との約束を破った。

生まれて初めて愛した異性。

生まれて初めてバレンタインデーに、

チョコレートを贈った相手。

完璧な人生の先輩。

愛妻の存在は知っていたけど、私は本気だった。

なのに、だんだん欠点が見え始めた。

大切な時に、仕事。束縛。

年下の私をいつまでも子供あつかいすることにも

我慢できなくなった。

会話が途切れた。

長い年月・・・。

そして大学を出た私には、他に好きな人が。

どこか「その人」に似ていた。

結婚を決意。

「その人」は黙っているだけだった。

式は、2月14日。

新しい恋人に私が愛を告白した日。

その朝、「その人」と二人きりで会い、

お別れのチョコレートを贈った。

「約束を破ってごめんね」という言葉に、

「その人」と私は数年ぶりの笑顔をかわした。

バージンロードへ向かう私は、

守れなかった「約束」を心の中で繰り返していた。

「大きくなったらパパのお嫁さんになるの」

チョコレートで、愛を伝える日。

チョコレートは、明治。

 

ご興味ありましたらぜひご覧ください!
フォローやいいねしてくださると嬉しいです(^^)
田中 摩有也

この記事を書いたスタッフ

田中 摩有也

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。