ABOUTハイランドについて

トップ  >  ハイランドについて  >  性能にこだわる

性能にこだわる

快適に暮らすためにこだわった、大切なお家の性能

ハイランドのパッシブデザイン〜自然エネルギーを上手に利用し小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいを作る〜​

SUMMER夏、涼しい家をつくろう

SUMMER 夏、涼しい家をつくろう

夏に涼しく快適に過ごすために重要なのが、日射を遮断することです。軒や庇で窓から入る日射を最大限に少なくすることで室内の温度の上昇を妨げます。 また、自然風を取り入れるために経路を確保することで、室内に溜まった熱を排出させることができます。

WINTER冬、暖かい家をつくろう

WINTER 冬、暖かい家をつくろう

冬の太陽は夏の太陽に比べて、日射角度が低いため軒や庇が日射を遮断することがありません。入ってきた日射の暖かさを逃さないように断熱素材を使用することで保温性能を高めます。

パッシブデザインで行う5つの設計要素​

●断熱
冬の温かさを逃さないようにし、夏の太陽熱を建物に入れないようにする為にとても重要です。​

●日射遮蔽(へい)
「夏涼しく」を実現するために、何より重要なこと。​とくに、窓から入る日射熱を最大限に少なくすることがポイントです。​

●自然風利用
身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また、建物の中にたまった熱を排出させる意味もあります。​

●昼光利用​
太陽光を光として利用し、人工照明に頼らず、室内を明るくすることを目的とします。​1階南面から採光が難しい場合には、吹抜けなどのプランなども計画します。​

●日射熱利用暖房​
冬場、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において窓からたくさんの太陽熱を入れ、蓄えられた熱を主に夜間に暖房として使う手法です。

「パッシブデザイン」とは設備機器を充実させるのではなく、躯体の形状設計に工夫を凝らし、さらに断熱・気密性を高めることで、 光や風といった自然の力を最大限に活用する快適性を高めた省エネデザインのことです。 それによって1年を通じて、小さなエネルギーで心地よく暮らせる住まいとなり、そうした住まいが実現されれば、寒い、暑い、風が通らない、暗いといったストレスから解放され、光熱費の負担も小さくなります。​

パッシブデザインのメリット

01快適に暮らせる

- エアコンやファンヒーターなど冷暖房器具の使用が最小限。

-「暑すぎる」「寒すぎる」のストレスが少ない。

- エアコンが嫌いな人でも楽に過ごせる。

01 快適に暮らせる

02身体に優しく暮らせる

- 寒暖の差が少なくなりヒートショックになりにくくなる。

- 女性特有の冷えが緩和され、美容と健康につながります。

- 寒暖差のストレスが減り、体調も安定しやすい。

02 身体に優しく暮らせる

03家計に優しく暮らせる

- 光熱費削減ができる。

また、パッシブデザイン住宅は、設計したらおしまい。というわけではありません。住まい手の暮らし方に大きく左右されます。一緒に光熱費削減、CO2削減にも取り組みましょう!

03 快適に暮らせる

04環境に優しく暮らせる

- 電気・ガス・灯油等の家庭エネルギー削減でエコ。

- CO2削減にもつながり、地球温暖化を抑制するのにもつながる。

04 身体に優しく暮らせる

ハイランドの家の快適さの根幹基準値をはるかに上回る気密断熱​

夏涼しく冬暖かい住まいの基本は「気密と断熱」にあります。寒さ厳しい神戸市北区で創業し今もつくり続けているわたしたちは、快適で健康な暮らしのため、省エネルギーで環境に寄与するため、気密と断熱性能を日々進化させています。これからも見えない壁の中を徹底してこだわり続けます。

  • 高性能を誇る断熱材

    壁・屋根断熱に「発泡するウレタンフォーム」、床断熱に「フライパンの取っ手などに使われるフェノール樹脂」と、断熱材の中でも断熱効果の高い素材を使用。断熱性はもちろんのこと同時に気密性と耐久性にも富んでいます。 この断熱を厚く施工することで高断熱を実現します。
    ・当社 UA値基準値 0.6w/m²k
        Q値基準値 1.9w/m²k以下

  • 全棟気密テストを行う偽りのない高気密

    サッシの下地に接する面や気密テストで調べた隙間には全て気密テープを施します。
    下地材のつなぎ目には気密シートを施す手間も惜しまず、隙間風をなくし、断熱性能を最大限に発揮できる環境にしています。シートで覆えない土台の隙間はシーリング処理を行います。全棟テストするのはこだわりの品質の証。
    ・当社 C値基準値 1cm²/m²以下

  • 樹脂サッシ+LOW-Eガラス

    アルミサッシの1,000分の1しか熱を通さないので結露の発生が軽減します。また LOW-Eガラスで熱の出入りを軽減。LOW-Eとは「低放射」という意味で、一般的な1枚ガラスは放射率0.85程度ですが、LOW-Eガラスは放射率が0.1以下になります。この放射率が低いほど赤外線を反射し熱を通しません。しかし、反して冬場には太陽熱を入れたいので、場所毎に細かく設定し設計で夏をカバーする高度な家づくりを行なっています。

強い家は当たり前生命を守るハイランドの強固な構造

当社の工法は2×4工法(ツーバイフォー工法)です。日本古来の「軸組み工法(在来工法)」とまったく異なる考え方の建築工法です。 在来工法は柱や梁 といった「軸」で建物を支えるのに対し、2×4工法では面で床・壁・屋根を構成して建物を支えます。 阪神淡路大震災を体験したからこそ、地震に耐え、生命を守る家を造ることをお約束します。

  • 強さの追求全棟実施の壁量計算

    ハイランドの家は、地震や強い風などの揺れに対してより強い構造であるために、家全体の壁かかる負荷、 壁にかかる力の流れ方を計算して必要なところに必要な量壁があるかを専門の業者と自社により壁量計算を行いチェックし設計します。
    ハイランドの建物の強さの根拠の一つがここにあります。

  • 強固な面構造 2×4工法

    飛行機や新幹線と同じ、床・壁・屋根が一体となった2×4工法の住宅は、地震の揺れを建物全体で受け止めて力を分散・吸収します。荷重が一部分に集中しないため、地震に対して優れた強度を発揮。 耐火性にも富んでおり2重3重の防火機能を持つ「ファイヤーストップ構造」のため火災保険も在来工法に比べ最大半分の料金に。その他、遮音性・耐久性・省エネ性などにも優れた工法です。

  • 命と家を守る、耐震・制震ダンパー

    他のどの耐震・制震ダンパーよりも早く力を発揮するのが弊社の採用するエヴォルツ​です。
    震度7の地震にも耐えながら、衝撃を半分程度に軽減してくれます。宇宙開発にも使用されている特殊な素材を採用しているため、半永久的に家を守り、ご家族の命を守る働きをします。