住宅デザインで思うこと①

2020年01月18日

皆様こんにちは

ハイランドホームデザインの岩本 愛一郎です。

 

ハイランドの家づくりにおいてデザインは大事な要素として創業当初から考え力を入れてきました。

なぜ、デザインが大事であるか少し触れたいと思いますが、その前に家づくりにおいて大事な要素からご説明します。

 

家づくりを考える上で、大事な要素は3つあります。

それは「デザイン」「機能」「性能」です。

 

「デザイン」=家の外観、内部の空間、素材や色といった直接見える部分です。

「機能」=間取りや動線などといった生活の中で感じる使いやすさの部分です。

「性能」=耐震、断熱・気密(部屋の温度)といった体感する部分です。

 

日本では「機能」「性能」を重視している傾向にあり、デザインは二の次といった家づくりが多い気がします。

ほとんどの場合、家は一生に一度の買い物ですので、「デザイン」「機能」「性能」の話はあまりピンこないと思います。

 

洋服選びだとどうでしょう?皆さん洋服選びはどの順番で選びますか?

例えば

洋服屋さんの中にある自分が好みの形や色に目がいって、それを手に取って見るということをされると思います。

気に入れば、それを試着して見て着心地や動きやすさを確認しますね。

最後に素材や縫製がしっかりしているかなどを確認し、購入に至るのではないでしょうか。

 

わかりやすくいうと「デザイン」の確認「機能」の確認「性能」の確認といった順番です。

洋服選びでいかにデザインが重要か皆様も承知の通りです。

 

車でも同じことが言えます。

仕事や使用目的が決まっている場合を除いて、デザインを重要視して車選びをします。

 

洋服・車で例えましたが、形あるものには必ずデザインがあるので、デザインを無視したモノづくりは考えられません。

 

家づくりもぜひデザインにこだわってください。

 

ご興味ありましたらぜひご覧ください!
フォローやいいねしてくださると嬉しいです(^^)
岩本 愛一郎

この記事を書いたスタッフ

岩本 愛一郎

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。