コロナウイルスに負けないために、予防法を調べてみた

2020年01月31日

こんにちは、ハイランドホームデザインの田中です!

京都から出勤しているので、新型コロナウイルスを恐怖に感じている今日この頃です。

 

さて、本日のそのコロナウイルスに関するお話です。

武漢市から発生した新型コロナウイルスが猛威を振るっています。

関西でも感染された方がいるので、人ごとではないですよね

 

主な症状は発熱やせき、息苦しさなど呼吸器症状、筋肉痛やけん怠感などがあるそうです。

潜伏期間は1~14日のようで、その間に感染された方と接触することもありえます。

 

そのためには予防が大事!ということで手洗い・うがいの正しいやり方とマスクの正しい付け方を調べました。

 

【手洗いの正しいやり方】

①水でよく手をぬらした後、石鹸をつけ、手のひらをこする

②手の甲をのばすようにこする

③指先・爪の間を念入りにこする

④指の間を洗う

⑤親指と手のひらをねじり洗う

⑥手首を忘れずに洗う

参照:厚生労働省

 

【うがいの正しいやり方】

①口の中に水を含み、強めにクチュクチュとしてはき出す

②口の中に水を含み、上を向いて喉の奥まで水が入るようにし、15秒ほどガラガラとしてはき出す。

③もう一度、口に水を含み、上を向いてガラガラを繰り返します

参照:テルモ体温研究所(テルモ株式会社)

 

【正しいマスクのつけ方】

①装着する時

・ゴムひもで固定し、鼻、口、顎を覆う。特に鼻と口の両方を確実に覆うことがポイント。

・鼻の部分を押さえてフィットするよう調節する。

・隙間がないように調整する。

 

②使用中

・使用中はマスクになるべく触らないようにする。特に、口周りを覆うフィルター部分には触らないよう注意し、触った時はすぐに手を洗う。

 

③外す時

・ゴムの部分を持ち、上の方に移動させる。

・フィルター部分の表面に触らないよう注意して、顔から外し、廃棄する。

・すぐに手を洗う。

 

主な家庭用のマスクには、不織布製マスクとガーゼマスクの2種類がありますが、

フィルターの性能を考えると、ウイルス・菌を防ぐためには不織布製マスクの使用がオススメだそうです

参照:ウイルス・菌対策研究所(エーザイ株式会社)

 

調べてみて思ったのですが、意外と正しいやり方を知らなかったなと

みなさんもこちらを参考にして体調には気をつけてくださいね!

 

ご興味ありましたらぜひご覧ください!

フォローやいいねしてくださると嬉しいです(^^)

⇨ Instagramはこちらから

⇨ Facebookはこちらから

⇨ Twitterはこちらから

田中 摩有也

この記事を書いたスタッフ

田中 摩有也

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。