傾斜地にウッドデッキ

2021年01月28日

当社では新築を建てる7割くらいのお客様がウッドデッキを合わせて作って頂いてます。

 

リビングダイニングに大きな掃き出し窓をつけウッドデッキを作るとリビングやダイニングがより大きく見えます。

 

そしてアウトドアリビングとして、季節のいい時はバーベキュ―したり、

夜星を見たり、小さいお子様はプールで水浴びしたりと生活が豊かになります。

そんな話をいつもさせて頂いているのでウッドデッキの採用が多いのかもしれません。

 

今回は傾斜の土地でしたので土地の魅力を最大に活用するためにウッドデッキを提案しました。

久しぶりに傾斜地でのウッドデッキです。

いつもは平地部分に作るデッキが多く床の組方が違います。

 

まだ経験の少ないスタッフは構造的に大丈夫かと心配だったみたいですが、

出来て揺れやたわみのない事になるほどと感心してました。

 

何も難しいことではなく2×4構造の住宅を作っているのなら簡単な応用で出来てしまうんです。

 

ご興味ありましたらぜひご覧ください!

フォローやいいねしてくださると嬉しいです(^^)

⇨ Instagramはこちらから

⇨ Facebookはこちらから

⇨ Twitterはこちらから

⇨ YouTubeチャンネルはこちらから

岩本 愛一郎

この記事を書いたスタッフ

岩本 愛一郎

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。